『本』という名のパーソナルバイブル

​差しこみ本

®

​どこかの誰かに寄り添える『心の応援団』になりたい

HP用cover画像「空を見上げるしかなかった」DIC2196.jpg
HP用cover画像「今日だって人生」.jpg
hongazou.2574.triming.jpg
私綴りcover.jpg
送らない手紙cover.jpg

差しこみ本

®

 

5タイトル合計 一万冊プレゼントについて

もう1年近くコロナ禍が続いています

連日のニュースやワイドショーから流れる情報に

誰しもが落ち込みや苛立ちそして未来を砕かれています

普通だった日常を思い出し懐かしかったりため息が出たり

まだ終わりが決まらない日々に

皆さん耐えていることと思います

そんななか本当に唐突ですが今回は差しこみ本 一万冊を

ご応募して頂いた方にプレゼントすることにしました

プレゼントの理由は僕が人生で一番辛く苦しいときに

自分の心を何度も何度も書き綴り

言葉を吐き出していくうちに

傷んだ心と引きずっていたトラウマを

時間を掛けて何とか乗り越えることが出来たからです

今コロナは100年振りの災禍となって

日本をいや世界全体を苦しめています

災禍は人の身体だけではなく心と精神を押しつぶし

明日という未来を遠ざけてしまいます

自分があえぎ苦しんだ時期を思い出すと

人の心の中には夢や未来や希望が必要だと思うのです

僕は今でも自分自身決して立派な人ではないと思っています

日々悩み考え不安な夜を過ごすこともあります

そんな一人の人として僕が出来ること

今だからこそやるべきことと考えた時に

差しこみ本を一人でも多くの方に

プレゼントしたらどうかと考えました

現在差しこみ本は手に取って頂いた方の声援を受けながら

少しずつですが読んで頂いたり書いて頂いたりしております

こんなもの読んでも何も変わらない・・

そんな自分のことを書けと言われても

何の足しにもならない・・

色んなご意見はあるかと思いますがこの本を

たった一人の人が偶然必要として

もしそれでこれからの明日が未来が

少しだけ前向きに変わるとしたら僕は本望です

そして今日も辛く悲しく切なく悩み苦しみ

立ち止まっている方に届けられれば幸いです

差しこみ本がほんのわずかでも

どこかの誰かのよりどころとして

お役に立てることを心から願っています

2021年 1月18日 青伊 眞

®

®

 

​差しこみ本 とは?

®

「今までにない新しいジャンルの商品」をコンセプトにした本のカテゴリーを超えた
あなただけの オリジナルカスタマイズ本 です。

主な作品カテゴリーは2タイプ

あなたへの想いを届ける「読みもの」と
あなたの想いが書き込める「書きもの」

ツライ時 悲しい時 寂しい時 苦しい時 嬉しい時

日々の中であなたの側にずっといる本として
いつでもどこでもどんな時でも
ふとした時にすぐに読み返す事ができて
ふとした時にあなたの想いをすぐに書き綴る事ができる


共感したり、ホッとしたり、元気をもらったり

『あなたの気持ちを持ち歩く』
何度も読めて 何度も書ける そんな本を目指しています。

​差しこみ本 の使い方

®

取り出しやすく 持ち運びに便利な 小さくて軽いポケットサイズの差しこみ本

カバーをつけたまま

上着のポケットに

すっと差しこむ

小さく軽いから

仕事中でも移動中でも
いつでもどこでも

 

さっと取り出し ぱっと読む
 

いつでもどこでも

さっと取り出し ぱっと書く

いつでも読めて

いつでも書ける

 

あなたが 「今」 と思った時に

自由に読んで

自由に書いてみてください
 

カバーを外して

システム手帳にさっと

挿んで差しこむ

通勤やお出かけの

バックの中に

そっと差しこむ

伝えたい気持ち
残したい想い
忘れてはいけない出来事
誰にでも思い当たる心に刺さる言葉

心の活動や成長を応援するような作品を今後リリースしていく予定です

差しこみ本  はいつでもどこでも

あなたの側であなたを応援しています

®

読みもの

あなたの心に想いを残す・・・

いつどの日にどのページから読んでも自分が探せるように

心にさっと差しこめる

手帳に差しこむ

鞄に差しこむ

ポケットに差しこむ

書きもの

あなたの心を書き留める・・・

自分の気持ちを書き綴り想いや考えを忘れず残せるように

形は小さな 想いは大きな 差しこみ本®

いつも一緒に想いをのせて何度も読んで

何度も書いて 心に差しこみ持ち歩く

あなただけの本にしてください

 
 

リリースタイトル紹介

空を見上げるしかなかった ~こころのちから~

著者:青伊 眞〈全38作品〉

ジャンル:読みもの

 

人生で一番 辛い時に書き溜めた‥ と語るほど

心の内をストレートに表した著者の人間味(個性)あふれる作品

 

心が折れてしまいそうな時も

悲しいことや辛いこと、苦しいことがあっても

自分自身を見つめ直し、「こころのちから」を探して‥

 

優しく静かに だけどあたたかく力強い

そんな言葉がたくさん宿っています

 

自分のために時間をつくってページを開いてみてください

今日を乗り越えて 明日は必ずやってくる

 

言葉から伝わってくる込められた想いで

心がうるおう 心が守られる

この一冊があなたのかけがえのない存在になれるはず‥

【価格】¥680(税別)

【発売日】2019.6.13【著者】青伊 眞

【発売所】株式会社茜空

【ISBNコード】978-4-907370-68-8

HP用cover画像「空を見上げるしかなかった」DIC2196.jpg

今日だって人生 著者:せん 〈全48作品〉
ジャンル:読みもの

著者が語った日常の言葉を集めた作品
何気ないひとことが心に深く響き染み渡ります

言葉のちから
たった ひとことで目が覚める
たった ひとことで励まされる
たった ひとことで変われる

「なるほど」と納得して ためになる言葉から
思わず「わかる」と共感出来る言葉まで
ひとこと、ひとことが心をつかんで離さない

元気をもらいたい時
迷って悩んだ時
スカっと気分を変えたいとき
落ち込んだ時
気合を入れたい時 など
はっとする心の芯をついてくる言葉

自然と笑顔になれる人生の大切なヒントが溢れています

 

【価格】¥680(税別)【発売日】2019.6.13

【著者】せん
【発売所】株式会社茜空

【ISBNコード】978-4-907370-00-8

HP用cover画像「今日だって人生」.jpg

僕のなかの自分 著者:青伊 眞 〈全48作品〉
ジャンル:読みもの


なぜ 私ってこうなんだろう
どうして僕は悩んでいるんだろう

人生での後悔や小さな幸せ 仕事でのつまずきや失敗、そして達成感 

人との出会いや別れ 誰しもがふとした日常の中で感じる人としての想いを

著者が感じたままに表現した作品

今を生きているあなたの心にも響く言葉がきっとみつかります
誰にも言えない わかってもらえない そう思う時に開いて見ると
思わず共感する言葉達
あなただけの自分バイブルとして持ち歩いてください

ツライ時 悲しい時 寂しい時 苦しい時 頑張りたい時などに読み返して

前を向いて1歩1歩進んでいける力になれたら…
そんな想いがあふれる作品です


【価格】¥680(税別)【発売日】2019.6.13

【著者】青伊 眞
【発売所】株式会社茜空

【ISBNコード】978-4-907370-55-8

hongazou.2574.triming.jpg

私 綴り プロデュース:青伊 眞

ジャンル:書きもの

 

自分を表現することが苦手

自分のことはあまり話したくない

自分の過去、現在、未来を書き残したことがない

 

そんな人ほど使ってみてください

 

自分の気持ちをさらけ出す

感情を思いっきりぶつけて考え見つめ直す

毎日でなくても自分の時間をしっかりゆっくりと過ごしながら

今の気持ち、これからの願い、忘れられない想いなどを

残してみませんか

 

私を綴る 「私綴り」

私が私を自由に書いて見つめると

思いがけない自分に出会えたりするかもしれません

私が知って私が広がるアイテムに

【価格】¥680(税別)【発売日】2019.6.13

【プロデュース】青伊 眞

【発売所】株式会社茜空

【ISBNコード】978-4-907370-80-0

私綴りcover.jpg

送らない手紙 プロデュース:青伊 眞

ジャンル:書きもの

 

今では届けられない本当の気持ち

大切にしていた懐かしい想い

あの時に届けていれば‥と思う後悔 など

届かなかった「送らない手紙」

届けたかった「送らない手紙」

青春の淡い想い

素直に言えなかった感謝の言葉

あの時に思い描いたいろんな気持ち

 

今だからこそ書くことができる

とっておきたい大事な心の内

「送らない手紙」

 

これからでも遅くはありません

行き場のなかった気持ちや想いを届けましょう

【価格】¥680(税別)【発売日】2019.6.13

【プロデュース】青伊 眞

【発売所】株式会社茜空

【ISBNコード】978-4-907370-85-5

送らない手紙cover.jpg
 
 
 
 
 
 

会社名:株式会社茜空
TEL:03-5483-5888
住所:〒158-0085 

東京都世田谷区玉川田園調布1-11-14
E-mail:sp@sashikomibon.com

Copyright (C) 2021 sashikomibon.com. All Rights Reserved